assault byte grass

by zddn

/
  • Streaming + Download

     

1.
04:06
2.
02:53
3.
4.
03:54
5.
04:48
6.
02:33
7.
8.
04:27
9.
03:20
10.
02:57
11.
02:11
12.
05:09
13.
02:37

about

All songs sung by Voice Synthesizers.

credits

released August 18, 2016

tags

license

about

zddn Japan

maidomaido

contact / help

Contact zddn

Streaming and
Download help

Track Name: toggle
にわかに 染みている
わずかに ずれている
かすかに 霞む夢を 叫んでいる
しずかに 沈む船と 壊れている

地獄から渡来し 時間が来たと冷笑
引き連れた黒い天使の群れに
さらりと命令し 定めを翻し
狙いを切り替え 絶対を歯向かう

スイッチは ひとつだけ 点けるも 切るも

かすかに 辿る道を 潰している
しずかに 想う知恵を 濁している

記録をお誂えし改めた晴れ衣装
ひけらかすグロい軽視の上に
かちりと敬礼し担ぐ猿を返し
破壊を吐き捨て 再開をからかう

スイッチは ひとつだけ 点けるも 切るも

及第になる不甲斐ない鍵を
混ざらない夜に求めている
旧市街では穢れない光を飛ばし合い
阻害し合い 目を潰してる
Track Name: qixi
静かな歩みは 綺麗に裂かれた
膨らむ支配が 効率的に ほら 笑う

わたしの未来は 暴力的な仕組みで 上が決めてしまうのでしょうか
あなたの未来は 暴力的な仕組みで 上が決めてしまうのでしょうか

水奏でる琵琶 威勢に狩られた
連なる誇りが 道理 捨て切り ほら 笑う

わたしの未来は 暴力的な仕組みで 上が決めてしまうのでしょうか
あなたの未来は 暴力的な仕組みで 上が決めてしまうのでしょうか

黒く深い河に流すのは 暗く辛い想いだけ
黒く深い河に流すのは 暗く辛い想いだけだ
Track Name: killing melody
壊す時は聞かせろ

彼らの歌に消された君が 持ち帰る葉に目眩の滴り
欠けた動機に気付かぬ犬が涎垂らした 首輪の繋がり

彼らの歌を消し去る君が 塗り変えながら散らす吹き溜まり
目の色変えた古い聖者とメロディの墓場 狂い咲くばかり

消え失せろ 今 すぐ に
Track Name: lacerta
色に分け 敵とし 踏み潰して
奪い取り 抉り出し 数を競う

謳い枯れ 苦虫 噛み潰して
プライドに縋りだし 声が響く

光の届かない場所に 逃げ隠れている
壊れたままどこに 居られるというの
Track Name: gains
ポケットの症状に謳う奸商 焼く匂いを嗅ぐ才能
辺天使の不夜城に住まう群像 飛蝗の怪音に悪役を与える

実弾で撃つ ゲインで偽っている原因で 自爆だって
もう全員で絆って そう言って縛ってくれ

塗り消す吐露 表情に透かす軽躁 塞ぐ理解を喚かす才能
折衷を放り装う英断に酔う 剥離剤を噛み付くライオンに浴びせる

実弾で撃つ ゲインで偽っている原因で
自白だって捏造品で 気付いたって もう蹴っ飛ばして
事実確定打つ ゲインで偽っている原因で 自爆だって
もう全員で四月に妄想を言って歪んで死ね

羽の無い鳥が歌っていたのは 空の青さと木陰に眠る子猫の匂い

プロフィットの膨張に飼う正当 生産性で排除する才能
辺天使の不夜城に住まう偶像 切り割く笑いとベトつく排気を奏でる

実弾で撃つ ゲインで偽っている原因で
自白だって捏造品で 気付いたって もう蹴っ飛ばして
事実確定打つ ゲインで偽っている原因で 自爆だって
もう全員で四月に妄想を言って歪んで死ね
Track Name: hanagara
画紙にめくれた静黙の闇 雑に塗りつけた 消えない記憶
星に不躾な願い送り 餌食に飢えた形骸の微睡み

病巣の常が折る状況に成り代わる
表情は目を覆う狂騒に焼かれた
病巣の常が折る状況に成り代わる
想像は目を覆う狂騒に消された
嗄れた花殻

走り転げた翠緑の谷 かすり傷付けた 見えない比翼
橋に踏みつけた崩壊の釘 霞みに浮いた亡霊の綻び

病巣の常が折る状況に成り代わる
暴走は目を覆う狂騒に流れた
病巣の常が折る状況に成り代わる
明星は目を覆う狂騒に爛れた
病巣の常が折る状況に成り代わる
表情は目を覆う狂騒に焼かれた
病巣の常が折る状況に成り代わる
想像は目を覆う狂騒に消された
嗄れた花殻
Track Name: sovereign model six
瓦礫の祭壇 麗しく飾る 始まりの日
鉄が香る 鮮烈の赤 苺のソース
望みが絶たれて 空暗くなれば 灯が綺麗だろう
壊れたロビーに それは甘く ぶち撒かれた

手遅れさ

嘆きの階段 悍ましくあがる ネジ巻きの木
列が運ぶ軽蔑 空が落ち 掻き壊す
目蓋を縫われて 空暗くなれば 灯が綺麗だろう
腐れたロビーに それは高く ぶち撒かれた

手遅れさ

小さな声 聞き取れもしない言葉
拾い集めて 組み上げる ミニチュアの塔
足掻きさえ 許されはしないのなら
狡い手つきで 矢を報う マニキュアも凍る檻

インビテーションは球体に浮かぶ血の連なり
強制参加のパーティーにようこそ
人気投票で求刑を選ぶ多数派の暗がり
素晴らしき沈黙と迎合にようこそ
Track Name: ryus-ei
星は幽かに逃され デネブの西
耳が視界を滲ませ 落ちるの

輪郭が砂に隠され 消える夜道
慣れた舌に鈍らせ 眠るの

流星 流星 流星 許せ

日々は素直に騙され 聞いてる様にし
意味は廃れ 剥がされ 消えるの

流星 流星 流星 許せ
Track Name: starlet
ぐらつく愚弄にジュエルのミラー 写し出す前に削がれていく読み
頷く烏合が手のひら返し出す 唾液 暗がりに消える 狗

跳ねる 裂ける 牙が水面に沿って 投げる 割れる 風が切る
枯れる 曲げる 影が虚偽に誓って 下げる 撫でる 誰が眠る

煌めく スターレット 暗闇を穿つ透明 そこからは何が見えるの?
伝えて スターレット 飛ぶ鳥を泳がす蝶の群れ 祈る夢を

苛つく異能が閉める扉 串刺す背理 流れていく条理
ふらつく不浄が受ける未来 排し出す彩色 疑いに視えず射る

跳ねる 裂ける 牙が水面に沿って 投げる 割れる 風が切る
枯れる 曲げる 影が虚偽に誓って 下げる 撫でる 誰が眠る

煌めく スターレット 暗闇を穿つ透明 そこからは何が見えるの?
伝えて スターレット 黙視を揺るがす情景を
煌めく スターレット 暗闇を穿つ透明 そこからは何が見えるの?
伝えて スターレット 飛ぶ鳥を泳がす蝶の群れ 祈る夢を
Track Name: ghost leap
銃弾に冗談 降臨が空理に書いた
後段で中断 未完成で逃げた
厚顔が登壇 本流が優美に吐いた
近眼の慧眼 濃密な恣意で食う
絶対の集団 少数は踏み砕いた
敵対を生産 蛍光の煙幕
糾弾で狂乱 没落の溜飲吐いた
石火の劣化が浄化

手繰らせないよう 踏み切る ビルの上から見えた
完全の風向き 騒音に継がれ 取り憑かれて
手繰らせないよう 踏み切る 義勇の声なら消えた
最善のさざめき 騒音に継がれ 取り憑かれて

熱帯に渋滞 必要ないカードみたいな存在が周回する
現在交戦中 弾丸が分断 城塞を築くみたいだ
折角の例外がジョーカー
Track Name: peridot
傷と水 錯乱 喰らっちゃえよ

切り刻んでしまえばいいからさ

切り刻んでしまえばいい
切り刻んで喰らえばいい

冷え切る八月 透ける骨の音
見得切る鉄屑 躙る為の雪肌
Track Name: lonsdaleite
綺麗 零度 ビニール 軌道
ブレる経度 グリーン イエロー

紫煙 青楼 魅入る メロウ
チェイン 頸動 クイーン 手を

ゆらり傾げ 放つ声に
痛みだけは降り落ち 伝うのに

未練 抵抗 悔いる 性能
飛燕 レイド クイーン 手を

ゆらり傾げ 放つ声に
痛みだけは降り落ち 伝うのに
Track Name: moon
風穴に別れを待つ 嘆き合う不浄に
空高く沈み出す 透明は群青に

静かな夜になる 気付かれずに
僕は一人 月を見ている

鮮やかに鋼を刺す 刺になる腫瘍に
成り代わり歪み出す 丁寧な同情に

静かな夜になる 気付かれずに
僕は一人 月を見ている